ロンドン大学通信課程学生のブログ

学士通信課程(数学と経済学のハイブリッド学科)の学習進捗など

統計学の復習とブルーバックス

数学科目の復習に入っている。すでに一通り読み終えたSubject guide(大学から支給される教材)をさらっと一通り読み直している。

統計学は、その前にまずブルーバックスを読んでいる。

イメージ 1




高校数学でわかるシリーズである。
本シリーズは他にもフーリエ変換など、何冊か持っている。
読み終えた本もあるが、買ってからまったく読んでないものもある。

前に書いたとおり、「高校数学でわかる統計学」は、統計学に興味を持ち始めていた昨年の初め頃に一通り読んでみた。
あまり理解できなかった。
読みながら、買って失敗したかな、と思ったが、駄作だとも思えなかった。

そして、ロンドン大学通信の初年度必修科目である統計学の勉強を一通り終えた昨年末頃から、この本をもう一度読みたくなったので再度読んでみた。

面白い。

1年前よりも理解度が比較にならないほど高くなっているからすらすら読めるのは言うまでもないが、それにしてもスムーズな説明の流れは圧巻である。
本格的に勉強を始める前にまず全体のイメージを掴みたいと思って買ったのだが、この本は大学基礎レベルの統計学を勉強中または勉強後に、頭の中でバラバラになっているコンセプトをつなげたいと思ったときに読むと、その真価が発揮されるようだ。ロンドン大学通信とは違う視点で説明してあり、良い勉強になる。

とはいえ、最初に読んだこと自体が無意味だったとも思えない。改めて読んでみて、理解できてなかったという意識の下層に、刷り込まれている感覚があったことに気づく。

買っておいて良かった。

統計学について、一つ思い出した。
卒業した大学の1年のとき、たしか「数理統計学」という科目を履修していた。
履修していたことは覚えているが、勉強した(はずの)ことはごっそり記憶から消えている。
なにやってたんだろ.....。