ロンドン大学通信課程学生のブログ

学士通信課程(数学と経済学のハイブリッド学科)の学習進捗など;2022年8月学位到達

二つの決断


経済学入門の期末試験をキャンセルした。

4/25(月)朝、大学から届いたメールを確認。経済学入門は来季から教材が刷新されるから、現行の教材の解説DVDを全巻セットで15USドルで格安販売するという内容。

来年から教材が刷新される?

担当教授が変わるのか?来季の教材が変わるならわかりやすくなるかもと考え始めつつ、いつもどおり30分早く出社して早朝勉強。とりあえず経済学入門の過去問に取り掛かった。
一問目から全くわからん。
だがそれ以上に、考える気力がなかった。気持ちがすでにキャンセルの方向に向いていることを自覚した。

試験地側と大学側に連絡してキャンセルした。試験地側は返金に応じてくれた。大学側はまだ返事がないが、キャンセル期限はもうとっくに過ぎている。

全科目良い点を取るのが目標だ。
来週に経済学入門の試験を受けても、少なくとも良い点を取れる自信は全くない。
また、このまま期末試験まで経済学入門の勉強に時間を費やすと、数学科目の仕上がりに影響する。不安を抱えつつ勉強を進めていたが、大学からのメールのおかげで良い決断ができた。

決断とは、キャンセルをしたことと、もう一つ、学位取得予定年数を3年から4年に延長したことである。(この二つは履修システムとして同じ意味ではない。下記「参考」参照。」)

究極の話、最短の3年で学位を取得するという計画はいずれどこかで破綻するだろうとは入学当初から思ってきた。
仕事が最優先の身の上である以上、学位取得年数の延長タイミングが必ずやってくると。
今のうちに3年から4年に延長しておく。
これでだいぶ楽になる、たぶん。
各科目、確実に進めていく。

今は、数学科目の総仕上げのときである。
これから4年間、自分には休日という意味のゴールデンウィークはない。

-------------------------------------------------------
参考
--------------------------------------------------------
今年(初年度)に1科目をキャンセルしたからといって、最短3年での学位取得が不可能になるというわけではない。
年間の最大履修可能科目数は4だが、全12科目中、残りが5科目になった場合は、1年(最終年)に5科目履修することが許可されている。だから:
1年目: 3科目
2年目: 4科目
3年目: 5科目

で学位取得という計画も可能である。
---------------------------------------------------------