ロンドン大学通信課程学生のブログ

学士通信課程(London School of Economicsの経済学)の学習進捗など

2020年終わり

ロンドン大学に入学以来、勉強のためにプライベートの行動が制限されている。

さらに、入学以来毎年のように期末試験の結果に落胆し、そのたびに危機意識をアップデートすることになったから、ますます身動きが取れなくなってきた。

予定をこさえると、なんだかだでその予定の前後の時間も含めて勉強ができない。ちょっと単車に乗って風になりたい時でも断念することが多い。帰ってきてヘルメットを脱いだからって、その直後に孤高のライダーがいきなり計量経済学の勉強なんてできないでしょ。

そういえば今年は一度バッテリーの充電が無くなってたっけ。最近はコンビニに行くのさえ躊躇する始末だ。

 

もう5年以上も行動自粛の状態が続いており、つまり、その点に於いてコロナ前後で大きな変化がない。

来年のある時点でワクチンが十分に出回り、収束に向かうと思われるが、自分はその後ももう少しだけ自粛が続くことになる予定だ。

 

仕事については、クラウドサービスを導入し、本格的に全社運用までこぎつけた。

来年以降ますます全社的に仕事の仕方が変わっていくことだろう。

今年の前半は根回しをしながら粘り強く導入提案を続け、導入後の後半は急ぎすぎないように全社へ浸透させてきた。年間を通して慎重に動いたが、導入時だけは社長と一部の上役の了承を得た後で一気に動いた。少々やり方が強引だったかもしれないが、変わるためにはしょうがない。

今年は昇進もしているが、それを特に意識することなく結果を残した。順調だった。

ただし、本来期待されていることが、ロンドン大学の勉強の仕事への応用が、できていなかったのは残念だ。

だが年明け早々から1000万を越える製造部門のデータの分析を行う。

まずは大量のエクセルファイルをCSVに変換してkintoneに読み込んで環境整備する力仕事にだいぶ時間を使いそうだが、根気よく進めたい。

 

計量経済学は時系列データの回帰分析を、機械学習非線形・スプラインをそれぞれ勉強中。機械学習はやはり今季間に合いそうにない。

まぁ、想定内の進捗。

 

-------------------------------------
本ブログをちょくちょく見ていただいている皆様、訪問頂きありがとうございます。

来年もどうぞよろしくお願いします。

それではよいお年を。