ロンドン大学通信課程学生のブログ

学士通信課程(London School of Economicsが提供している経済学)の学習進捗など

あとは経済学入門

今年は下記の科目を履修している。

【1年目: すべて必修】
1: 線形代数
2: 解析学
3: 経済学入門
4: 統計学 I(ハーフコース)
5: 統計学 II (ハーフコース)


1と4と5は一通り終了、2はもうちょっとで終わる。
1と2は日本の大学で使っていた。
4と5は大変だったが楽しかった。
そもそもロンドン大学通信で経済学を学んでいる理由の一つは、統計学を勉強したかったからだ。付け加えて言えば、自分にとって数学科目は英語で勉強したほうがわかりやすい。


問題は3の経済学入門である。
この科目のSubject guide(大学が作成した教材)は、素人に対し、最初から経済アナリストたることを要求している。つまり、浅く広くではなく、数学をツールとして、狭く深く入り込む。

7月頃から勉強し始めて、まだ半分ぐらいしか進んでない。

ちなみに勉強に行き詰まって質問したい場合、とりあえず二つの方法がある。

1: 学生用ポータルサイトの意見交換用フォーラムで質問する。

ただ、経済学入門では担当教授がこのフォーラムを見回ってる形跡はない。
見回っているとしたら、怒っているだろう。このフォーラムには、Subject guideを批判するスレッドやコメントがたくさんある。奥が深く勉強になるという擁護コメントもあるが。
ちなみに他の科目のフォーラムは、学生の質問に対して担当教授や博士からの回答が載っている。

(担当教員には、各質問に対して回答する義務はない。あくまで学生同士の意見交換のためのフォーラムである。)


2: 学生同士の勉強サークル

フォーラムで勧誘スレッドが立っている。
そのうち参加するかも。



半分過ぎあたりからさらに難しくなってきた。
5月 or 6月の期末試験に向け、黄色信号。



イメージ 1